スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンヒルズ桔梗野

3月から工事かスタートしました、サンヒルズ桔梗野の街づくりが、ようやく道路の舗装を残すまでになりました、道路融雪を民間単独で行った初めての分譲地です、雪の不安の少ない街づくりを眺望して5年、ようやく姿が見えて来ました、道路を挟んだ隣にはショッピングセンターの建設工事もスタートしましたし、食と住が融合した暮らしにおける、女性と高齢者に優しい、将来の住まいの在り方を明示する分譲地になれば購入された方も近隣にお住まいの方にとっても意味のある開発になるのではないでしょうか。
既に販売の方は2月からスタートしておりまして、第2期分譲まで終了して建売り区画と併せて30区画が完売しております、来月からは造成工事終了に伴う現地での第3期の申込みが始まります、また、これから建物の工事もスタートし、今年中に20戸は完成入居になる予定です、初めてづくしで融雪が予定通りに機能するのか一抹の不安はありますが、今年の1年目の冬で修正すべきところが有れば修正し、安心して住んで頂けるように責任を果たしていきたいと今から身が引き締まる思いです、周りの人たちが羨む分譲地にして、この開発に関わって全ての人に御恩返ししたいと思います。

iPhoneから送信
スポンサーサイト

シンガポールに行って来ました。

20日の夜に青森空港からシンガポールに向けて羽田経由で出発しました、夜中0時の羽田発でしたのでなかなか寝ることも出来ずの7時間です、最新の映画も見れるので飽きませんが慣れないので疲れます、到着して朝食を済ませ市内観光が始まりました、イスラムモスクの見学、そしてチキンライスの昼食、免税店の買い物と続き早めのチェックインをして夕食です、1日目はとにかく眠いので9時には寝てしまいました、2日目、3日目ともに観光、買い物としたのですが、気がつくのは国土が狭いので高層ビルがとても多いこと、観光、ビジネスの街なので名だたる一流ホテルが非常に多いこと、物価がとても高いことです。所得も高くお金が集まりやすい環境ではあるのでしょうがお金持ちでなければ生活は大変だと思います。ホテルは伝統のあるラッフルズホテルと何かと話題の屋上にプールのあるマリーナサンズホテルが一際目立っています、部屋数もショップ数も凄いの一言です、カジノの力は凄いものです。
それとタバコに関する規制とガムを始めとする街の美化に対する徹底ぶりは賛否が分かれますが、外の人達に来て戴くには有効ではないでしょうか、中国人を中心にした多民族国家ですから徹底さが求められるのだと思います。
4日間いてみて思うのは、徹底した政策で人、金、物を集めるシステムがはっきりしている事、それから発生する弊害は覚悟の上で国を豊かにして行くという考え方が歴史の浅い国だから出来ているのだと感じます、今回初めてのシンガポールでしたので、次に行く機会があれば別のシンガポールが見れればと思います、とにかく暑かった4日間でした。

iPhoneから送信

3月年度末です。

27年度も残すところ僅かとなりました、1年前は最後の追い上げで弘前、五所川原は在庫の殆どを販売出来たので余り商品の無い状態でのスタートとなりました、その中で2~3棟現場の積み重ねで後半売上げも上向いて来て、また、8月には4年を費やした桔梗野大規模開発の地区計画の認可が下り、今年1月には開発許可も認可になり、モデルハウスでの予約見学会、その後3月の申込会での第1期分の即日完売へと繋がって行きました、来月から第2期の予約申込み、本格的に造成工事が始まります。
この1年を振り返ると今年も社員のみんなを始め、お客様などまわりの皆さんに支えられ恵まれた1年だとつくづく感じます、来期は桔梗野、青森篠田などの大型物件の販売、この10年横ばい傾向が続いていた賃貸の売上げもようやく上向いて来ましたので来期はより一層上昇させて行かなければいけませし、楽しみな年になって行くと思います、景気の減速、消費税、少子化など不安定要素はありますが、そんなものは吹き飛ばす勢いで頑張らなければいけないと思っています。


iPhoneから送信

ベトナムチャーター

2月24日~28日の日程で毎年恒例の青森空港からのチャーター便でのベトナムハノイの旅に行って来ました、今年は7回目で173人での旅行です、24日の昼に出発して6時間ちょっとのフライトの予定でしたが強風に伴う燃料補給の為、台北に下りる事になりハノイに到着するまでに9時間かかってしまいました、時差が2時間あるので現地時間はそれでも19時でしたので夕食を頂いてホテルに着いたのが10時過ぎでしたのでゆっくり休む事が出来ましたので助かりました。
2日目は世界遺産のハロン湾観光です、バスで片道3時間半かかります、途中バッチャン村に寄って伝統の陶器の製造過程と製品の見学です、多くの方々が購入していました、その陶器を見る度にベトナムの事を思い出すんだと思うと、持ち帰るのは大変ですが日常使用するもののお土産は悪くないと思います、ちなみに私は子供たちにお茶碗を買って来ました、子供たちは要らなそうな顔してましたが?
ハロン湾に到着してバス毎に観光船に乗っての昼食を頂きながらの3時間クルーズです、まさしく雑誌に載っている景色が目の前に広がります、自然の雄大さを改めて感じながらのクルーズです、途中下船しての鍾乳洞の散策もあり、またもや自然の織り成す幻想的な景色に圧倒されました、波も静かでシーフードを食べながらの3時間はあっという間でした。
3日目は市内観光とマッサージ、シクロ乗車です、ホーチミン廟、一柱寺、ハノイ大教会など戦火を潜り抜けて現存するベトナムの歴史建造物は見る方も感慨深いものがあります、昼食はフレンチです、植民地時代の名残りでフレンチのお店が数多くあり、大人数のツアーでは珍しいのですが、それもベトナムを楽しむ企画だと思いますし、特にパンが美味しかったです、昼食後はシクロという自転車の前にイスを取り付けた様な車での短い市内観光です、TVなどで見た事のある乗り物でしたが意外と快適でビックリしました、今回の旅はツアーの中にマッサージが組み込まれていましたので、全員でフットマッサージを45分施術してリフレッシュ出来ました、私はマッサージが苦手の人の分も施術して貰いましたので本当に足が軽くなり、夜に行うベトナムハノイで頑張っている日本の方々との交流パーティーに望むことができました、これからの発展を考えればベトナムは平均年齢が20代後半で、人口の増加も著しく可能性が無限大な国です、近い将来必ず日本にとって大事
な国になるのは間違いありません、その国で先陣を切って頑張っていらっしゃる方々とお話できた事はとても有意義でしたし、日本にいる我々も負けていられないと思いました。
4日目は午前は自由時間でゆっくりできました、昼食は青森出身の方が経営されてる日本料理店でのお昼です、その方は青森の銀行で長く働いておられたのですが、仕事でベトナムに滞在したのを機に銀行を辞めてハノイで頑張っていらっしゃいます、お店の常連さんのお話ではその方無くしてベトナムで商売出来ないくらいのお立場にあると聞きビックリしたのと同時に私も嬉しくなりました、その後、博物館、水上人形劇を見て夕食後帰路につきました、帰りは4時間半と往路の半分でしたので凄く短く感じながら青森空港に到着しました、思ったより肌寒いハノイでしたがもう一度行ってみたくなるような街でした。


iPhoneから送信

雪の無い街

4年前から進めていました桔梗野の大型分譲地が先月認可が下り、ようやく20日からモデルハウスでの内覧会、説明会がスタートします。
認可が下りたとは言え本格的な造成工事は春からになりますので現地は何もない状況ですので私自身もピンとこない感じですが、すぐ近くに建設中のモデルハウスが今週末に完成しますので、まずは第1回目の説明会を開催する運びとなりました、今回の分譲地は県内初の道路は散水融雪で、敷地内の雪は側溝で融かすようになってるW融雪で文字通りの雪の無い分譲地です、弘前は今年は比較的雪が少なく楽な冬でしたが、数年前のような豪雪の年の事を考えれば寝てる間に雪を融かしてくれれば朝もゆっくり出来て、車の出入りも楽で、雪国で最も煩わしい問題が解決できる訳ですから、雪が大変だからとマンションに逃げ込む必要もなくなります、やはり一戸建で制約されることなく、ピアノを弾いたり、動物を飼ったり、庭でバーベキューをしたりして生活することが本来のマイホームではないでしょうか、また自家用車も数台置けて駐車料金が発生しないのも持ち家のメリットです。
また今回の分譲地はすぐ向いにショッピングセンターがオープンするのも大きな特徴です、スーパー、ホームセンターなど必要なものがすぐ向いに行けば購入出来る立地はそんなに有るものではありません、本当に楽です、そして従来から有る学校、病院などが近くに存在して、どれをとっても住環境は最高です、よくぞこの様な土地が残っていたなと思うほどです。仕事とはいえこの様な分譲地に関われることに喜びを感じてお客様にご紹介していければと関係者の皆様に感謝しながら進めて参りたいと思っています。是非ご覧になって下さい、今回はCMでしたが本当にこんな分譲地はありませんから!

iPhoneから送信
プロフィール

青い森のクマ

Author:青い森のクマ
青森県弘前市・青森市・八戸市・五所川原市で営業している創業30年を超える不動産会社です。
アパート管理戸数は6,000以上で、賃貸管理、斡旋・不動産売買・仲介・査定などなど行っています。

この他にもグループ会社として、県内外にホテルやブライダルホールがあります。

太陽地所 弘前本店
■県知事免許(10)1708号
■所在地:青森県弘前市
大町3丁目1-2
■TEL:0172-33-4445
■FAX:0172-33-4519

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。